Archive   RSS   (Login)

ジケル魔で活動するボウウィングの日記

Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日記
一個人として
何やら下層に関してまた色々と問題が出てきたようですね。
前回の騒動の時はIN率が激減していた為他の人のブログ等でしか状況が見えなかったので、それについてのコメントは差し控えておきます。
まぁ、例のごとくこのブログに書くことは一個人の意見ですんでレギオンには関係ないです。
ただ、この記事が全ぶっぱに所属しているメンバーとして著しくそぐわない場合はそれなりに考えます。


下層の話をする前に少し昔の事でも語ろうかなと。
自分が今のレギオンに所属したのは、魔族は劣勢時代から中央占領時代に戻り始めて少し経った頃だったと思います。


魔が劣勢時代に突入する時、要塞戦始まる前に集まる人数が2~3PTくらいいるかどうかで、Spadaさん(NZ)やくちゅんさん(てーねんぴ)、率いる天の事前準備組みに成す術も無く要塞戦開始前に上層すべて押さえられてしまってる状況でした。
まずそうした状況下でクロタンが落とされました。また次も絶対に攻めてくるのが分かっていながらも、事前準備に集まる人数は増えることは無かったように思います。そして、同じように要塞戦開始前に上層を天族に抑えられラミレン、クロタンと次々に落ちていき、気がついたら中央が全て天族によって支配されていました。


魔族の劣勢時代は、経験した方なら分かると思いますけど、天と魔の人数は明らかに天>魔で、ラミレンのAS前でラインしていたら、火炎待機組みの天が大量に流れてきて絶望した事とかよくありましたね。
参加人数の比率にも差があったとは思いますが、絶対数で明らかに魔族は天族に劣っていたんですよね。
何人かの人が攻城を呼びかけても2~3Fくらいしか集まらず、奇襲掛けても門すら破れない時もあったと思います。
一度だけドキサスとラミレンを一気に2つ落とせた事がありましたけど、その時でさえも防衛時には人が集まらず、すぐさま天に取り返されてました。
そうした状況が数ヶ月続くと、この人数じゃどうせ攻めても無理なんだろうなぁとか、仮に攻め落とせたとしても次守れるのか?
とか、考えてしまうようになるんですよね。
劣勢時代ってこういった負のスパイラルみたいなのが続いちゃって、どんどん人が要塞戦から離れていってしまうような感じでした。


まぁ、補足ですけど昔の要塞戦の日程は今と違ってほぼ毎日どこかの要塞で要塞戦が起こっていた為、全部参加するとなるとすごく大変でした。



劣勢時代、APを溜めるにはドレドギかアステリア、後はPvくらいの方法しかなかったです。
自分は固定を組んで遺物を回してやっていたので、この状況で全員のアビス装備を整えるのはかなり困難でした。
さらに勲章の値段も、今みたいに一人が何百Mとか持っていなく何十Mをコツコツ溜めるのがやっとな時代で金勲章が1個2M近くの値段までなっていましたね。
一般的に金勲章を溜めるにはアステリア等の塔折りや、深層で龍素材を集めて売るなどの方法しかなかったです。
劣勢に傾いた頃から、固定内でも勲章の調達問題やAPの溜め方等で意見の相違などが出て、徐々にすれ違いが大きくなっていき、結局固定自体が解散して固定の半分程が引退してしまいました。
まぁ、これはあくまで私個人が体験したものですので魔族の皆が皆こうではなかったかもしれません。



そして、劣勢状況下でしばらく本格的な攻めが無かった時期が続き、ある時ドロップ二倍の話が出たときに、攻めるなら今しかない!って事で呼びかけがあり、長らく本格的な攻めが無かった事と劣勢状況にうんざりしていた人達などが多かった事、そして天族の集まりが非常に悪かった等の状況が重なり、魔族が再びドキサスとラミレンを奪取することに成功しました。


そして、奪取した要塞を守り切れなかった前回の反省を踏まえ、事前準備等をしっかりと行う集団として全ぶっぱが誕生し、そしてドキサス要塞所有のMUNAGEが全ぶっぱに防衛を委託したのが始まりなんですかね?
自分は創設時のメンバーでないのと、その時の話を聞いてないんで分からないんですけど、その当時自分の中ではそういった認識でした。

それでも、種族の絶対数では圧倒的に天>魔でしたので、次に天がまた本気を出したらひっくり返されるのではないかと心配していた人は少なくないと思います。
しかしそんな中、サーバー合併により他鯖の魔族が流れてくるかも知れないという話が出てきました。


サーバー合併により、ジケルやシエル以外の統合サーバーの天魔の比率が圧倒的に天が大きくなり、特にイズはひどかったと聞いています。
それによって、魔族が当時上層中央を支配していた唯一のジケルに流れてくるのではないか?
魔族がジケルに流れてくれれば、絶対数で天に対抗できるようになる!そうすれば天が次本気で攻めてきたときにも良い勝負が出来る!その為に、サーバー移動の締め切りまでどうにかして中央を守りたい!
自分はそういう考えでしたけど、その辺に関しては皆様々な考えがあったとは思います。



ただ、その時のジケ魔のモチベーションはかなり高かった気がしますし、呼びかけを行ってしっかり事前準備もしてくれる全ぶっぱ、それに応える魔族って感じでかなり良い関係を築けていたとは思います。
自分はその当時無所属で動いてたんですが、どうせ要塞戦にいつも参加するなら事前準備含めて色々やってみたいなって事で全ぶっぱに入る事にしたんですね。


その後の事も全部書こうとするとかなり長くなってしまうんで省略します。


まぁ、うちのレギオンが上層防衛しているのは別に魔族全員に頼まれたわけではないって言うのはその通りだとは思います。
ただ、自分の印象に残っている出来事として、全ぶっぱがラミレンを所持していたとき、土曜日か日曜日の夕方の4時からだか、5時からだか忘れたんですけど、ラミレンの防衛がありドレドギが来たんですね。
そのときレギでINしていたのは自分を含めて2~3名くらい、Fは募集していましたけど、集まったのが1~2Fいるかいないか。
この時は天も攻めてくることはほとんど無かった時期だったのと、時間的にもあまり人がいない時でしたので集まりが悪かったです。
そして、ラミレンがドレドギによって落城したんですが、そのときほんの少数名から「上層委託されてるならしっかりやれ」と言われた事もあります。


確かに、上層要塞防衛を委託して行っているのは全ぶっぱが自主的に行っている訳ですけど、種族として獲得した要塞から防衛報酬勲章という恩恵を預かる以上は、責任を持って要塞及び勲章を管理するのが筋ではないのかなとは思います。少なくとも自分はそう考えています。その中でMUNAGEは全ぶっぱにその権限と義務を譲渡し、大通連と全ぶっぱは自主的に、ACTや今まで要塞を取得したレギオンは一部全ぶっぱに譲渡して後は自主的にと、責任を持って要塞と勲章を管理しています。
自主的に行っているとは言え、勲章及び要塞を預かる以上は責任が必然的についてまわります。
そうした中で、無責任に行動して要塞を落城させたなら大多数から、ある程度仕方が無かったにしろ少数からの批判に晒されることになります。



そうした、責任とプレッシャーを抱えて要塞と勲章の管理をする訳なんですが、「そんなに辛くて無理しているなら辞めてしまえば良いじゃないか。別に俺達は頼んでないぜ。」
という声も聞こえてきています。
ええ、確かに大変ですし、そう言った事を言う人達からは頼まれてはいません。
ただ、こうした要塞と勲章の管理を管理を委託できる団体がなければ、攻城した結果城主となったレギオンが必然的に勲章などを管理するわけです。
管理するといっても、それを種族に還元するかどうかはそのレギオン次第ですし、要塞戦の事前準備及び指揮を行うかどうかもそのレギオン次第です。


城主レギになろうと思っていたわけでなくても城主レギになってしまう場合だってあります。
そうした場合に、「取るつもりは無かったし、事前準備も大変だからうちには出来ません!」
といったレギオンが出てきた時、「それなら俺達がやります!」といった所が出てくるのか、
「じゃあ仕方ないから要塞放棄していいよ。」とか、「そんなの関係ねえ!取ったんだから責任取れや!」といった雰囲気になるのかはサーバーや種族によって違ってくると思います。
昔のジケル魔だと、「要塞と勲章は所持したレギオンが責任を持って管理しなければならない。」といった空気だったように感じます。


まぁ、そういった雰囲気だと城主レギには必然的に責任とプレッシャーを背負うことになる訳ですけど、それだとプレッシャーから攻めに消極的なレギオンとかも出てくると思うので種族全体のノリだとか勢いだとかは出づらいですよね。
プレッシャーが無いからといってノリや勢いが必ず出るというわけでもないですけども、まぁ出やすくなるのは確かな気はします。
龍界要塞に関してはそういった勲章管理などの煩わしさが無いからノリとか勢いとかが出やすいから良いんですけどね。
そういった種族全体のノリや勢いがないと攻城ってなかなか難しいと思います。
これについては天の人も魔の人も分かるんじゃないですかね。


それじゃあ、どうしたら防衛報酬や要塞IDという種族全体に利益のある上層要塞をそういったプレッシャーを感じずに攻めることが出来るのか。
まず一つは、「勲章管理とか防衛とか細かい事は良いから、とりあえず攻めて落とされたらまた次攻めれば良いじゃん。」そしてもう一つは、「攻城成功した場合に勲章管理や防衛の呼びかけをしっかりと行ってくれる人たちがいて、皆もそれに応えてくれるから心配するな。」だと思います。



前者の場合レギオンによる独占とかが起きやすいのでそれを良しとしない人が多いと人数が集まらないという事態に陥るのと、落城している間は要塞IDに行けなくなります。まぁ、そういった事を気にしない人が大多数な場合を過程しているんですけど。
後者の場合ある程度しっかりとした組織と仕組みとそれに対する信頼がないと機能しづらいです。
これまでジケル魔は後者の方法でお互いの信頼の上でやって来たわけです。
毎回事前準備及び呼びかけを行う全ぶっぱ及び城主レギと、それに応えて防衛に参加してくれる人たちといった感じに。




さて、長くなったんですが、最近現状の状況に異を唱える方が出てきているみたいですので。
とりあえず、その方達は前者のタイプの考えだと私個人としては認識しているわけですが、
まぁ確かにこの方法だろうと同じ考えの人が大多数いれば機能するかもしれません。
しかし、同じように考えている人が少なく、この考え方に賛同できない人が大多数いたとしたら?
当然この考えの元で下層を取りにいけば批判されるのをと覚悟しないといけません。




では、どうしたら皆がどう思っているのかを確認することが出来るのか。
答えは簡単、話し合いの場を自分で設けて皆の意見を聞けば良い、ただそれだけじゃないですか?
まぁ、下層を取ろうとしている人たちが下層についてどのように考えているかは直接聞いてみないと分からないですが、話し合いの場で大多数の人が納得できるような提案を行えば批判されることも無いんじゃないですかね。
ジケル魔は昔から、現状に対して何らかの変化を求めた人たちによって話し合いの場が設けられ、その場で皆の意見を聞くことをしてきたと思うのですけど、現状の状況に異を唱えるならば自ら話し合いの場を設けてはいかがでしょうか?
話し合いの場も設けずに勝手に下層をとりに行けば批判されるのは当然でしょう。
少なくとも私個人はそう思いますし、然るべき方法で決定した魔族の総意には従うつもりではいます。



この記事に対して何か意見のある方は全ぶっぱにではなく私個人宛にお願いします。

スポンサーサイト
03 | 04  (2011) | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

oUllro

Author:oUllro
ゲーム:Aion
サーバー:ジケル
種族:魔族
キャラ:Ullr(Lv55ボウウィング)

対人好きなフレンド募集中です!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。